はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

ミュージアム

猟奇殺人をテーマにした映画は結構多いけど、背景に裁判員制度を持ってきたのが新しい。
コミックの映画化らしいですが、予備知識は一切なし。
小栗君がハードな刑事役というのも少し珍しいがなかなか様になっていました。
カエル男は妻夫木さんだったらしいけど、観ていて全然気が付きませんでした。R指定がない分グロさも少し遠目からの影像とか少しわかりにくい演出でした。
・ペットフードの刑
・母の痛みを知りましょうの刑
・均等の愛の刑
・ずっと美しくの刑
・針千本飲ますの刑
・お仕事見学の刑
の6つの刑と以前の行われた幼女樹脂詰め殺人事件がありますが
テンポ良かった前半に比べ、後半のカエル男宅でのシーンが冗長で少し残念。
ラストでは2つの意味深なシーンが(ネタバレへ)
f0064229_1665589.jpg

【作品情報】
連続猟奇殺人犯によって繰り返される凄惨な犯行だけでなく、事件の背後にある裁判員制度の問題を描き、反響を呼んだ巴亮介の同名コミックを小栗旬主演で映画化したサスペンス・スリラー。カエルのマスクを被った犯人・カエル男の凶行に巻き込まれていく刑事の姿を描く。『るろうに剣心』シリーズの大友啓史が監督を務める。
f0064229_167424.jpg

【あらすじ】
残忍な猟奇殺人事件が続発。事件はいずれも雨の日に起きており、現場には謎のメモが残され、死体はどれも見られることが念頭に置かれているようだった。犯人として浮かび上がってきたのは、カエルのマスクを被り殺人アーティストを名乗るカエル男。捜査を進めるうちに沢村刑事(小栗旬)は事件の関連性に気付くが、犯人の次の狙いに驚愕する。犯人を追う沢村刑事は、いつしか追い詰められていく……。
f0064229_1671114.jpg

【ネタバレ】
3か月後
・霧島は双子の妹橘幹恵に入院中チューブに薬品を投与され殺されそうに・・・
出演者エンドロール
・息子将太は運動会で1等賞に、ホームビデオで撮影している画面には日差しを気にしながら首を掻く姿が映され・・・
エンドロールが始まります。
[PR]
by hageuz | 2016-11-13 16:07 | 映画 | Comments(0)