はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

ボクの妻と結婚してください。

最近秋冬ドラマで新しいキャラに挑戦してなじめない織田裕二ですが、この映画の主人公は結構しっくりはまっていました。かなり変化に乏しい予定調和的なストーリーですがまぁこんなもんでしょう。なぜこの時期に映画化したのかが不明ですが・・・
自分が妻から再婚相手を見つけてこられたことを想像しましたが「ありえない」です。
小説や映画の話としては成立するのかもしれませんが、「泣かせたいのか」観客に何を訴えたいのかがわかりません。そんな中、吉田羊さんの妻としての毅然とした演技、原田泰造さんの誠実な実業家役としての演技は素晴らしかったです。
f0064229_12391487.jpg

【作品情報】
織田裕二が愛する家族の未来のために、再婚相手を探す男を演じるラブストーリー。世の中のいろんな事を好奇心で“楽しい”に変えてきた放送作家が、人生の最後に妻のために最高の結婚相手を探そうとする姿が描かれる。吉田羊が主人公の妻を演じ、『県庁おもてなし課』など人間ドラマに定評のある三宅喜重が監督を務める。
f0064229_12392383.jpg

【あらすじ】
バラエティ番組の放送作家をしている三村修治(織田裕二)は12本ものレギュラーを抱え、忙しい日々を送っていた。ある日、体に異変を感じた彼は検査を受け、末期のすい臓がんで、余命6ヶ月と宣告される。だが、1日でも長く延命し家族と静かに過ごすという最期の過ごし方ではおもしろくない。放送作家として、今までずっと世の中の色々なことを好奇心で“楽しい”に変えて来た修治はそんな思いから、家族に遺す“最期の企画”を練り始める。専業主婦の妻・彩子(吉田羊)は、小学生の息子・陽一郎を抱え苦労するだろう。また、気丈そうに見えてもろいところがあるので、何とかして笑顔にしてあげたい。そんなことを思っていたとき、結婚相談所の看板を見かける。修治は、自分がいなくなっても妻が前を向いて進めるように、妻の結婚相手を探すことにする。婚活市場を勉強し始めた修治は、自身も同僚の手を借りてお見合いパーティーに潜入する。さらに、元仕事仲間の知多かおりが現在結婚相談所の社長であると知ると、なんとか協力を取り付け、妻にとって最高の結婚相手を探し出してもらう。そして現れたのは、真面目で誠実なインテリア会社社長、伊東正蔵(原田泰造)だった。修治の、まさに命がけのプロジェクトが始まる……。
f0064229_12393413.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-11-06 12:39 | 映画 | Comments(0)