はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

デスノート Light up the NEW world

夜神明が死んで10年後の新たなキラの登場を描いている。どうしてもオリジナルの出来がずば抜けていただけに展開が想像できるのが難点。ミサミサこと戸田恵梨香やキラ役だった藤原竜也も登場しオリジナルからの雰囲気をつなごうとしているものの菅田将暉を含めた役者陣の凶器さが足りない。あっさり名前かかれたり、銃激戦に無謀にノートで挑んだりと知能戦の様相が全くないのが残念。
とはいえオリジナルファンは観るんでしょうね。併せてHULUでそれまでの10年を別途配信するなど2匹目のドジョウ的な感じがしてしょうがないな。
役者の名前観ただけでキラがわかっちゃいません?
f0064229_16565531.jpg

【作品情報】
名前を書いた人間を死なせる事ができる死神のノート“デスノート”を巡って、人々の思惑が交錯するさまを描き、アニメ、舞台などにもなった人気コミック「デスノート」。同作の実写映画版の続編となるサスペンス。キラとLとの対決から10年後を舞台に、6冊のデスノートを手に入れようとする人々による壮絶な頭脳戦が繰り広げられる。
f0064229_1657424.jpg

【あらすじ】
デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から10年。再び死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。だが亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、警視庁内にはキラ事件に精通した三島創(東出昌大)や七瀬聖(藤井美菜)といった捜査官たちを中心にデスノート対策本部が存続していた。ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして“Lの正統後継者”竜崎(池松壮亮)が加わり事件解明に当たる。やがて地上には6冊のデスノートが存在する事が判明。その矢先、キラウィルスと呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に拡散される。そのメッセージには「他の所有者に告ぐ。速やかに私に差し出せ」とデスノートの提出を呼びかけていた。6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制する。キラ復活を望む者、そしてそれを阻止する者たちとの究極の争奪戦の幕が切って落とされた……。
f0064229_16572517.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-10-29 16:57 | 映画 | Comments(0)