はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

高慢と偏見とゾンビ

間違いなくB級作品で期待は全くしていませんでしたが、それなりに楽しめました。高慢と偏見をベースにゾンビ映画にするという発想が新しい。
ゾンビと戦うために日々武術を訓練し、太腿からナイフを取り出す際のセクシーさはGOOD!バッサバッサとゾンビを倒していく姿をみているとアクション映画化と思うほど。それがゾンビと恋バナミックスときているから見ているほうも少し戸惑います。ただ、娯楽作品としては非常に完成されています。やはりベースの小説の良さがあってのものなのかも。ゾンビ映画でもソフトな感じだし…
エリザベス(リリー・ジェームズ)は既存のシンデレラ感を一新してもらったのですが、アクションも行けるとは・・・こっちのほうが彼女に会ってますよ!
f0064229_17491926.jpg


【作品情報】
ジェーン・オースティンによる恋愛小説の金字塔「高慢と偏見」をウイルスが原因によるゾンビがはびこる終末世界に置き換え、ベストセラーとなった小説を映画化したアクション。カンフーを武器にゾンビと戦う5人姉妹の次女と、彼女らの住む屋敷の隣に越してきた大富豪の青年が次第に打ち解けていくさまがつづられる。
f0064229_17475715.jpg

【あらすじ】
謎のウィルスが蔓延する18世紀のイギリス。そのウィルスに感染した者は、ゾンビとなって人々を襲い出す。片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、お金持ちとの結婚に情熱を燃やす母親を尻目に、少林寺拳法でゾンビと戦っていた。ある日、ベネット家の隣に資産家のビングリー(ダグラス・ブース)と、親友で大富豪のゾンビハンター、ダーシー(サム・ライリー)が引っ越してくる。姉妹と母親は狂喜乱舞するが、次女エリザベス(リリー・ジェームズ)だけは、ダーシーが初対面で見せた高慢な態度と、あまりにも冷酷にゾンビを駆除する姿に嫌悪感を抱く。やがて人類とゾンビの最終戦争が勃発し、ダーシーと共闘することになったエリザベスは、徐々に彼に対して偏見に満ちていた自分に気づく。
f0064229_1748106.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-10-20 17:48 | 映画 | Comments(0)