はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

何者

朝井リョウって『桐島、部活やめるってよ』で見事に裏切られたので、作風自体が私にはあわないだろうなぁと思いつつも鑑賞。
「現在の就活ってこんな感じなんだ」って感想。途中特筆すべき演出もなく、若者たちの関わり合いを淡々と描いているっていう感じ。ラストで1度「えっ」って思わせーの「なるほど、そういうオチね」と少しだけひねりでエンドロール。
主演の佐藤健さんは朝井リョウと友人で、この役を引き受けたらしいが、結構嫌な奴なのに佐藤健さんだとその辺の空気感が少なかったのが残念。神木くんあたりだとよかったのになぁ~
f0064229_16411461.jpg

【作品情報】
『桐島、部活やめるってよ』で注目を浴びた、直木賞作家・朝井リョウのベストセラーを映画化した青春群像ドラマ。力を合わせて、就職活動に挑む5人の大学生たちが、自分が“何者”なのかを模索していく姿を描く。佐藤健、菅田将暉、有村架純ら若手実力派が多数共演し、等身大のキャラクターに命を吹き込む。
f0064229_16412346.jpg

【あらすじ】
就活の情報交換のため集まった5人の22歳。かつて演劇サークルで脚本を書いていて人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)。天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。光太郎の元カノで拓人が思いを寄せ続ける実直な性格の瑞月(有村架純)。人一倍“意識高い系”でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも焦りを隠せない隆良(岡田将生)。彼らは、海外ボランティアの経験やサークル活動、手作り名刺、SNS、業界の人脈等、様々なツールを駆使して就職戦線を戦っていく。だが企業に入れば「何者」かになれるのか、自分は「何者」になりたいのか……。そんな疑問を抱えながら就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、就活のやり方やスタンスに嫌悪感を覚えることもあり、次第に人間関係が変化していく。そんな折、拓人はサークルOBのサワ先輩(山田孝之)に相談するが、思うようにいかない現実に苛立ちを隠せなくなる。やがて内定者が現れたとき、抑えられていた妬みや本音が露になり、ようやく彼らは自分を見つめ直し始めるのだった。果たして自分は「何者」なのか……。
f0064229_16413390.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-10-17 16:41 | 映画 | Comments(0)