はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

君の名は。

風景描写の緻密さ・美しさが特筆される新海誠監督。個人的に過去の作品は一切見ていません。
評価が高かったので観に行ってきました。私にはそれほど響きませんでした。
転校生のような体が入れ替わるベースがあって、タイムトラベル(3年のズレ)、タイムスリップによる解決と彗星落下によるディザスタームービーと従来あった作品のいいとこ取りを美しい描写でパッケージングしてヒットを狙ったアニメーション。
これで感動し涙を流したと評する方が多いことに驚きを感じます。普段は映画を見ないようないわゆる”映画慣れ”していない人や学生さん・アニメ好きな人たちは高評価!!「すごい」「キュンとした」「切ない」などの好評な感想が多すぎてたちまち周囲に話題となっています。
映画を見るのは人それぞれのタイミングや時間で、好き嫌いもそれぞれなんでしょうけど、これを「抜群」な作品といわれるとこれからの映画製作に未来はないです。
後日談は必要ないし、ラストの台詞には「そういうことが言いたかったの?」と白けてしまいました。
f0064229_16145579.jpg

【作品情報】
精緻な風景描写と繊細な言葉遣いなど、独自の世界観で国内外で高い評価を受ける、新海誠監督によるファンタジーアニメ。田舎町で暮らす女子高生と東京で暮らす男子高生が、心と身体が入れ替わる不思議な体験を通して成長していく姿を描く。『心が叫びたがってるんだ。』の田中将賀がキャラクターデザインを務める。
f0064229_16152053.jpg

【あらすじ】
千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に小学生の妹と祖母の3人で暮らす女子高校生・宮水三葉(声:上白石萌音)は、憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動や家系の神社の古き風習などに嫌気が差し、友人たちと小さく狭い町を嘆き、東京の華やかな生活に憧れを抱いていた。周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れは日々強くなっていく。そんなある日、三葉は自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。三葉は、戸惑いながらも念願だった都会での生活を思いっきり満喫するのだった……。一方、東京で暮らす男子高校生、立花瀧(声:神木隆之介)は、日々、友人たちと楽しく過ごしイタリアンレストランでバイト中。同僚の奥寺先輩へひそかに好意を寄せている。ある夜、瀧は奇妙な夢を見る。行ったこともない山奥の町で自分が女子高校生になっているのだ。繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている記憶と時間……。出会うはずのない瀧と三葉は、やがてお互いの存在を知る。入れ替わってしまった身体と生活に戸惑いながらも、その現実を少しずつ受け止める二人。運命の歯車がいま動き出す……。
f0064229_16153597.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-10-02 16:16 | 映画 | Comments(0)