はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

ハドソン川の奇跡

f0064229_15204683.jpg
この作品のただ一つの難点はタイトル。原題「SULLY」を生かしてほしかった。
題材はニューヨーク発シャーロット経由シアトル行きのUSエアウェイズ1549便が、ニューヨーク市マンハッタン区付近のハドソン川に不時着水した航空事故である。
乗員・乗客全員が無事に生還したことから、ニューヨーク州知事のデビッド・パターソンは、この件を「ハドソン川の奇跡」(Miracle on the Hudson) と呼び称賛した。
原題通り物語は、サレンバーガー機長という人間を浮き彫りにし「奇跡の生還」がどんな背景で起きたのか。周囲の人々や家族はどう感じていたのか、一転して容疑者になった時の葛藤が素晴らしくよく表現されている。トム・ハンクスやアーロン・エッカート の演技力とイーストウッドの監督としての並はずれの才能が名作として完成させている。私にとっては2016年BEST1だった。
f0064229_1519021.jpg


【作品情報】
制御不能になった機体をハドソン川に不時着させ、乗客乗員全員を救ったサレンバーガー機長の実話を、クリント・イーストウッド監督&トム・ハンクス主演で映画化したヒューマンドラマ。パイロットとしての長年の経験から、不時着という手段で乗客を救いながらも、周囲から疑いの目で見られるサレンバーガーの苦悩を描く。
f0064229_1519101.jpg

【あらすじ】
2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が暮らすマンハッタン上空850メートルで突如、航空機事故が発生。全エンジンが完全停止し、制御不能となった旅客機が高速で墜落を始める。サレンバーガー機長(トム・ハンクス)の必至の操縦により、70トンの機体は目の前を流れるハドソン川に着水。“乗員乗客155名全員無事”という奇跡の生還を果たした。着水後も、浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は、国民的英雄として称賛を浴びる。だが、その裏側では、彼の判断を巡って、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われていた……。
[PR]
by hageuz | 2016-09-25 15:19 | 映画 | Comments(0)