はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

ブルックリン

アイルランドからアメリカのブルックリンで見つけた幸せと、帰国して見つけた幸せに悩む女性の葛藤を描いている。ヒロイン役のエイリシュ(シアーシャ・ローナン)が洗練され素朴な女性から美しく洗練された女性に代わる感じがすごくよく表現されていた。華やかさには欠けるシアーシャ・ローナン。若さが恐れを知らずあふれだす感じがスクリーン全面にはじけ観ている人たちの共感を得る映画。佳作なんでしょう。ポスターはラストシーン。観ないと意味が分からないでしょうが、ここにこの作品の結論があるんです!

f0064229_14262387.jpg

【作品情報】
1950年代を舞台に、アイルランドの田舎町からニューヨークへと移住した女性の波乱の生涯を描くヒューマンドラマ。姉の勧めでニューヨークへ渡り、人生を横臥するヒロインをシアーシャ・ローナンが演じる。原作はイギリスまたはアイルランド在住の作家に与えられる文学賞、コスタ賞に輝いた、コルム・トビーンの同名小説。
f0064229_14263196.jpg

【あらすじ】
1950年代。アイルランドの小さな町に住むエイリシュ(シアーシャ・ローナン)は、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に大人しく目立たない存在だった。しかし彼女の将来を案じた姉の勧めでエイリシュはニューヨークへ渡米することを決める。だがそこは生まれ育った小さな町とはあまりに違う生活。ブルックリンの高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥り、アイルランドから届く姉の手紙を読み返し涙に暮れるエイリシュの様子を見かねて、同郷の神父(ジム・ブロードベント)はブルックリン大学の会計士コースを受講するよう勧める。やがて学ぶ喜びを知り、少しずつ前向きになっていくエイリシュ。そんな中、あるパーティーでイタリア系移民のトニー(エモリー・コーエン)と出会った彼女は、毎週大学に迎えに来る彼の誠実さに少しずつ心を開いていく。最新の水着に身を包み、コニーアイランドでトニーと過ごすエイリシュは、いまや洗練されたニューヨーカーになっていた。ところがある日、故郷から突然の悲報が届き、エイリシュはアイルランドへ帰郷する。そんな彼女を待ち受けていたのは、トニーとは正反対のジム(ドーナル・グリーソン)との再会、そしてもう一つの幸せな人生であった……。
f0064229_14264934.jpg
f0064229_14265882.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-07-18 14:27 | 映画 | Comments(0)