はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

クリーピー 偽りの隣人

自分で手は下さないタイプのサイコパスという設定にもかかわらず、劇中では「スドン」っていうシーンがあったし、どうして澪(藤野涼子)が西野(香川照之)に支配されているのかが不明なままエンドを迎えるストレスが半端なかった。黒沢清監督自体の演出がどうもなじめない。早紀(川口春名)のインタビューシーンの画像が明るくなったり暗くなったりも演出なのか?様々なシーンでつながりのあるシーンでの映像の明暗が意味不明。そもそもあの謎の注射は何なのか?
突っ込みどころ満載。この手のミステリーホラーは説明がつかないものが多い中で観客にゆだねる手法はありだと思うけど、このエンドは?いや~ストレスだわ~
それにしても西野(香川照之)気持ち悪い。
f0064229_1462634.jpg

【作品情報】
第15回日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前川裕の小説を、黒沢清監督が映画化したサスペンス・スリラー。ある夫婦が怪しい隣人への疑惑と不安から、深い闇へと引きずり込まれていくさまが描かれる。犯罪心理学者の主人公を西島秀俊、一見人のよさそうな怪しい隣人を香川照之が演じるなど、実力派たちが気味の悪い物語を盛り立てる。
f0064229_1463953.png

【あらすじ】
元刑事で現在は犯罪心理学者の高倉(西島秀俊)は、かつて同僚だった刑事・野上(東出昌大)から、6年前に発生した一家失踪事件の分析を依頼される。だが、事件唯一の生き残りである長女・早紀(川口春名)の記憶をたどり調査を進めても核心にはたどりつけずにいた。一方、高倉が妻・康子(竹内結子)と共に最近引っ越した新居の隣人は、どこかつかみどころのない家族だった。病弱な妻と中学生の娘・澪(藤野涼子)をもつ人の良さそうな主人・西野(香川照之)との何気ない会話に高倉夫妻は翻弄され、困惑する。そんなある日、澪は高倉に「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」と告げる。その言葉に高倉が衝撃を受ける中、未解決の一家失踪事件と隣人一家の不可解な関係が繋がり、高倉夫妻の平穏な日常が崩れてゆく……。
f0064229_1465323.jpg

f0064229_147541.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-06-19 14:07 | 映画 | Comments(0)