はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

貞子vs伽椰子

リングと呪怨の怨念ヒロインが何故VSなのか?
予備知識なく鑑賞しました。なるほど~そういうことだったのね!と腑に落ちましたが、そんなにうまくいくはずもなくラストシーンでは・・・・次呪われたらどうなっちゃうんだろ?
キャラクター佐伯伽椰子の声やその子供である佐伯俊雄の姿は見るものに強烈なインパクトだったがあの独特の効果音が結構はまってそれなりに楽しめました。最近VSモノが立て続けにありましたが、この2つは戦わせていること自体無理がありますよね。怖いもの見たさが好きな方は全体はまります(要は突っ込みどころ満載です)
f0064229_15474441.jpg

【作品情報】
Jホラーブームを牽引した『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子という、最恐ヒロインの共演が実現した驚愕のホラー。“呪いのビデオ”や“呪いの家”に関わってしまった人々や、怨霊を滅ぼそうとする霊能力者の戦いが描かれる。『ノロイ』などホラー映画を得意とする白石晃士が監督を務める。
f0064229_1548465.jpg

【あらすじ】
女子大生の有里(山本美月)は、見たら2日後に必ず死ぬという“呪いのビデオ”を手にする。親友の夏美(佐津川愛美)がビデオの不気味な映像を見てしまったため、有里は都市伝説の研究家でもある大学教授・森繁(甲本雅裕)を訪ねる。しかし、悪霊祓いの最中におぞましい惨劇が勃発。そこに霊能界の異端児・常盤経蔵(安藤政信)と、経蔵の相棒で生まれながら強い霊感を持つ盲目の少女・珠緒(菊地麻衣)がやってくる……。女子高生の鈴花(玉城ティナ)は、足を踏み入れた者は生きて戻れないという“呪いの家”の向かいに引っ越して来る。ある夜、鈴花が向かいの家をうかがっていると、行方不明になった小学生の姿を目撃する。居ても立ってもいられなくなった鈴花は、呪いの家へ向かう。やがて鈴花は恐る恐る内部に足を踏み入れ、彼女の悲鳴を聞いて駆け付けた両親もろとも、この家に棲みつく伽椰子と俊雄に襲われる……。2つの呪いを解くために、経蔵は貞子と伽椰子を激突させ、同時消滅させるという驚くべき計画を立てる。有里と鈴花に呪いの家で呪いのビデオを見るという恐るべき作戦を指示するが、それは想像を絶する戦慄の事態の始まりだった……。
f0064229_15481753.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-06-18 15:48 | 映画 | Comments(0)