はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

64-ロクヨン- 後編

ついついNHKピエール瀧版と比べてしまいます。佐藤浩市も頑張っていますが、インパクトに欠けますね~。結果的に自分の娘に関するエピソードが描き切れずに終わってしまいました。
前編を観に行った人は、おそらく後編は観に行くのでしょうが、後編のみはあり得ません。通常前編の解説が若干あるんですが、今回は全くないので小説でも読んでない限りまずみないほうがいいでしょう。脚本もかなり練られていて、演技も見事でしたが・・・原作から改変はちょっと残念です。
NHKを意識して?前編の出来なら原作通りで良かったんじゃないかと思いました。
f0064229_18124525.jpg

【作品情報】
横山秀夫のベストセラーを前後編の2部作として映画化したミステリーの後編。わずか7日間しかなかった昭和64年に発生し、未解決となっている少女誘拐殺人事件の解明に挑む刑事と、彼を取り巻く人々のドラマが描かれる。佐藤浩市が事件解決に挑む刑事の三上を演じるほか、対立する記者に瑛太など、ベテランから若手まで実力派が勢ぞろいした力作。
f0064229_18125762.jpg

【あらすじ】
昭和最後の年、昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で“ロクヨン”と呼ばれ、被害者が死亡し未解決のままという県警最大の汚点となっている。その事件から14年が過ぎ、時効が近づいていた平成14年、“ロクヨン” の捜査にもあたった敏腕刑事・三上義信(佐藤浩市)は、警務部広報室に広報官として異動する。記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生する。そして三上の一人娘の行方は……。
f0064229_1813865.jpg

【小説との決定的な違い(ネタバレ)】
小説では三上の娘に対する思いと妻の存在の大きさが描かれ、二渡が幸田メモをどう利用したのかがポイントでしたが、劇場版はやはりすっきりと犯人を指し示す方向で話はさらに展開していく。
目崎正人の次女誘拐を意識させながら犯人しか知りえなかった内容をフォーカスして最後にはあの場所まで誘導していった事。D県警としてしか描かれなかった小説と違い「群馬」周辺と地名を明確にするなど展開させるための意味づけとして木の枝に持ちを刺した魚沼市堀之内地区の冬の伝統祭「雪中花水祝」を少しひねってあります。
[PR]
by hageuz | 2016-06-11 18:13 | 映画 | Comments(0)