はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

探偵ミタライの事件簿 星籠の海

ガリレオの湯川教授のようなキャラクターが際立っていない点がなんとなく物足りない。ドラマ化でもしてもう少し天才脳科学者の御手洗潔を玉木宏がこなせていけば面白くなりそうなんですけど・・・
始まり方の演出は結構よかったんですけど、前半で1つ目の事件の犯人は容易に推理できました。2つ目以降の事件解決も脳科学者というよりは探偵推理が趣味な天才学者って感じでキャラかぶり感が否めませんね~脚本としてはそこそこ頑張っているんですが、特に際立っているわけでもないし・・・
星籠(せいろ)=首長竜ってところからのまさかの・・いやいや少し無理がありますよね。
とはいえシリーズ化はこの興行収入次第って感じでしょうか?DVDで十分ですね。
広瀬アリスさんは最近すずちゃんに押されっぱなしで今回も存在感が出なかったな。美人ですけどね~
f0064229_1425593.jpg

【作品情報】
和製シャーロック・ホームズとも称される探偵が趣味の脳科学者・御手洗潔の活躍を描く、島田荘司の人気小説を玉木宏主演で映画化したミステリー。瀬戸内海近辺で次々と起きる不可解な事件の謎に御手洗が挑む。広島県福山市などでロケを敢行し、ミステリアスな物語が美しい瀬戸内の風景とともにつづられる。監督は「相棒」シリーズの和泉聖治。
f0064229_14251573.jpg


【あらすじ】
瀬戸内海の小さな島に男の死体が半年に6体流れ着き、その身元は不明のままという怪事件が発生。編集者の小川みゆき(広瀬アリス)から“死体島”の話を聞き、事件に興味を持った天才脳科学者の御手洗潔(玉木宏)は、早速瀬戸内海へと飛ぶ。そこは日本で唯一、太古の昔から変わることなく6時間ごとに潮の満ち引きが繰り返される時計仕掛けの海だった。やがて御手洗は6体が広島県福山市から流れ着いたことを突き止めるが、その後、外国人女性の変死体が見つかり、滝つぼに口と目をふさがれた男女が拘束されるなどの事件が次々と起こる。御手洗は江戸の世まで歴史をさかのぼり、複雑に絡み合う事件の真実に迫っていくが……。
f0064229_14253075.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-06-05 14:25 | 映画 | Comments(0)