はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

ヘイル、シーザー!

ジョエル&イーサン・コーエン兄弟監督作品ということで期待していきましたが、がっかり。
ジョージ・クルーニーが平手打ちされることも話題になっていました。本筋と関係のないミュージカルシーンが唯一楽しかったけど、全体は散漫で気を抜いていつ感じが否めない。ロシアの潜水艦で脱出などそんなわけある会という突っ込みどころも満載ですが、楽しい作品ではなかったな~
DVDでも見る価値なしっす!
f0064229_20192716.jpg


【作品情報】
アカデミー賞作品賞に輝いた『ノーカントリー』をはじめ、ヒット作を連発するジョエル&イーサン・コーエン兄弟が手がけたコミカルなサスペンス。1950年代のハリウッドを舞台に、スター俳優の誘拐事件を巡る騒動が描かれる。スター俳優役のジョージ・クルーニーをはじめ、豪華キャストが個性豊かなキャラクターを演じる。
f0064229_20191523.png

【あらすじ】
1950年代、ハリウッドが“夢”を作り世界中に贈り届けていた時代。スタジオの命運を賭けた史上空前のスペクタクル超大作「ヘイル、シーザー!」の撮影が始まっていた。だがその撮影中、主演俳優であり世界的大スターのウィットロック(ジョージ・クルーニー)が何者かに誘拐されてしまう。スタジオが大混乱に陥る中、事件解決への白羽の矢を立てられたのは貧乏くじばかりを引いている“スタジオの何でも屋”エディ(ジョシュ・ブローリン)だった。お色気たっぷりの若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や、みんなの憧れのミュージカルスター(チャニング・テイタム)、演技がどヘタなアクション俳優(アルデン・エーレンライク)など撮影中の個性溢れるスターたちを巻き込みながら、エディは難事件に挑んでゆくが……。
f0064229_20194168.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-05-25 20:20 | 映画 | Comments(0)