はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

MARBELコミックのヒーローが一堂に返しての苦悩を描いた作品。
アベンジャーズの活躍の裏で命を亡くしている市民がいることを重く見た世界政府はアベンジャーズメンバーが独断での行動を制限する条約の同意を求めてくる。これに対してキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース派とアイアンマンことトニー・スターク派は考え方の違いによる対立をおこすことになり・・・
今回、キャプテン・アメリカの生い立ちの深堀がなされるとともに新しいコミックヒーロー(スパイダーマン・アントマン)が超人ハルク・マイティー・ソーに代わって登場。
戦闘シーンがかなり豊富でヒーロー同士のバトルが見どころ。とはいえ内輪もめの話なのでなんとなく消化不良感は否めない。すっきり勧善懲悪が観たい人にはお勧めできないかな。時間も2時間半と長いので醒めちゃうと長く感じる作品になりますね。エンドロール後も映像があるお約束パターンなのですぐ席を立たないでください。
f0064229_1717135.jpg

【作品情報】
アイアンマン、キャプテン・アメリカら“アベンジャーズ”の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』での戦いのその後を描くアクション。許可なしでの活動を禁じられたアベンジャーズのメンバーたちが、平和、仲間、友情を守りたいと願いながらも、それぞれの信念や考え方の違いから対立していくさまがつづられる。
f0064229_17172571.jpg

【あらすじ】
平和を守る「アベンジャーズ」の戦いは、アメリカ国内のみならず全世界に広がり、多くの人々を救ってきた。だがその反面、国境を軽々と飛び越える戦いがもたらす被害も甚大になってゆく。やがて、世界中で巻き起こるアベンジャーズを危険視する声。ついに彼らは、国際的な政府組織の管理下に置かれ、無許可での活動を禁止される。アイアンマンとして数多くの人々を救いながらも、一般市民を危険に晒したという罪の意識を持つトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、これに賛成。しかし、自由を重んじるキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は、そんなトニーに失望する。両者の対立がエスカレートする中、事態は大きく動く。ウィーンの政府組織の本拠地でテロ事件が発生。その犯人としてキャプテン・アメリカのかつての親友、ウィンター・ソルジャーことバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)が指名手配されたのだ。アイアンマンと彼を支持するブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)は、政府組織の指示を受けてウィンター・ソルジャーの捜索を開始。その頃、キャプテン・アメリカは、過去を共にした親友バッキーか、それとも未来を共にするアイアンマンたちか、二つの友情の間で葛藤していた。そんな彼に味方するのは、ファルコン(アンソニー・マッキー)、ホークアイ(ジェレミー・レナー)、スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)たち。アイアンマンの傍にも、ウォーマシンこと長年の友人ローズ(ドン・チードル)、その戦いを支え続けた人工知能ジャーヴィスが進化したヴィジョン(ポール・ベタニー)がいた。さらに、復讐のためにウィンター・ソルジャーを追うブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)もこれに加わる。こうして、アイアンマンとキャプテン・アメリカを中心に、アベンジャーズを二分する壮絶な戦いが幕を開ける……。
f0064229_17175710.png

[PR]
by hageuz | 2016-04-30 17:18 | 映画 | Comments(0)