はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

ブラックスキャンダル

実話を基にジョニー・デップが珍しくハゲヅラで登場。サイコパスな性格で邪魔な奴らは容赦なく殺していきます。幼馴染じみが協定を結んでのし上がっていくというまさに映画のような実話。
実際にはここまでのキャラだったかはわかりませんが結構やばい「バルジャー」という人物をかなりやばい感じで演じていました。冗談を言うけどマジだったりして結構怖いやつです。
成り上がり感は少々期待外れでしたが楽しめました。
最後の結末は・・・実話だからしょうがないですね。
f0064229_1413566.jpg

【作品情報】
ジョニー・デップがFBI史上最高額の懸賞金で指名手配された実在の凶悪犯ジェイムズ“ホワイティ”バルジャーに扮し、彼が起こしたアメリカ犯罪史上最大のスキャンダルのゆくえを描くクライムドラマ。FBI捜査官のコナリーをジョエル・エドガートン、バルジャーの弟をベネディクト・カンバーバッチが演じるなど、実力派俳優が多数顔を揃える。
f0064229_1414763.jpg

【あらすじ】
アメリカのサウスボストンで育ったジェームズ・バルジャーとその弟ビリー、二人の幼なじみジョン・コノリーは、やがてギャング、政治家、FBI捜査官とそれぞれの道に進んでいった。コノリー(ジョエル・エドガートン)はイタリア系マフィアの撲滅させるために彼らと抗争中のジェームズ(ジョニー・デップ)に敵の情報を流すよう持ちかける。FBIとの密約を利用し敵の組織を壊滅に追い込み、犯罪帝国を築くジェームズ。そしてビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)もまたジェームズの力を借り権力を握る。利害を一致させ手を組む彼らの関係は、アメリカ史上最悪の汚職事件に発展していく。
f0064229_1422843.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-01-30 14:02 | 映画 | Comments(0)