はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)

TVドラマ化され人気のあった石井あゆみの同名コミックの映画による完結編。この作品では「信長は本当に死んでしまったのか?」「秀吉は何故信長に恨みを持っているのか?」「結局歴史は変わったのか?」が観客の関心ですね。結末はネタバレになってしまうので言えませんが、落ち着くところに落ち着いて+αで「そんなにうまくいかんでしょうが~・・・・」っていうオチがついてきます。
取り立てて映画になったからと言ってドラマ以上になにかあるわけでもなく(戦闘シーン)など若干お金はかけられたのでしょうが、TVドラマを見ていなかった人は行かないほうが良いです。流石に1クールドラマで語られた背景が観てない人は、登場人物の状況が全く説明されませんのであしからず。個人的にはそれほど悪くはなかったです。
f0064229_16421739.jpg

【作品情報】
戦国時代にタイムスリップし、うりふたつだった戦国武将・織田信長の身代わりとして生きる事になった高校生サブロー。その数奇な運命を描く「ゲッサン」に連載中の石井あゆみの同名コミックが原作の小栗旬主演による人気ドラマを映画化。信長の正室・帰蝶役の柴咲コウや池田恒興役の向井理などドラマ版のキャストが引き続き出演する。
f0064229_16424539.jpg

【あらすじ】
安土城の完成と天下統一を目前に控えたサブローはある日、信長が間もなく死ぬ運命にある事を知る。過酷な運命に戸惑い、苦悩するが、帰蝶や家臣の支えもあり、運命に抗おうとする。そして、サブローは本能寺で帰蝶との結婚式を計画するが、嫉妬心を抱く光秀や暗殺の機をうかがう秀吉らによる不穏な企てが動き出そうとしていた。
f0064229_1643263.jpg
f0064229_16431566.png

[PR]
by hageuz | 2016-01-24 16:43 | 映画 | Comments(0)