はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

ブリッジ・オブ・スパイ

スピルバーグとトム・ハンクスのタッグ2作目ですが安定感は抜群。トム・ハンクス演じる保険弁護士が得意の交渉術を駆使するシーンはさすがにうまかったなぁ~
家族にも言えない極秘任務が最後には・・・観終わった後すがすがしくすっきり!予想以上に良い作品でした。映画評では高評価でないようですが、トム・ハンクスファンなら間違いなく★3つです!
f0064229_1325226.jpg

【作品情報】
『プライベート・ライアン』などでタッグを組んだスティーヴン・スピルバーグ監督とトム・ハンクス主演によるサスペンスドラマ。東西冷戦下の50〜60年代に起きたソ連によるアメリカ軍のU-2撃墜事件を基に、捕虜となったアメリカ軍パイロットの救出という極秘指令を受けた弁護士の奮闘を描く。イーサン&ジョエル・コーエンが脚本を務める。
f0064229_133162.jpg

【あらすじ】
アメリカとソ連が一触即発の状態にあった冷戦下の1950~60年代。ジェームズ・ドノバン(トム・ハンクス)は、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。彼は、米国が身柄を拘束したソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右しかねない重大な任務を託される。それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイを交換することだった。良き夫、良き父、良き市民として平凡な人生を歩んできたジェームズは、米ソの全面核戦争を阻止するため、全力で不可能に立ち向かってゆく……。
f0064229_1331592.jpg

f0064229_1332757.jpg

[PR]
by hageuz | 2016-01-09 13:03 | 映画 | Comments(0)