はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

orange-オレンジ-

今や売れっ子になってしまった土屋太鳳さん、鈴木先生のマドンナ時代に絶対この子はブレークするとコメントしたとおりになってしまいました。見た目は少しぽっちゃり観がありますが、スタイル良いですね。話の中身はパラレルワールド&タイムパラドックスです。話としてはよくある結末ですが、それ以上にシーンシーンが冗長すぎてなかなか入ってこない感じです。青春系邦画はそれなりに楽しめるんですが、今回太鳳さんじゃなければ観れなかったかも。東宝推しメンの山崎紘奈さんの桂の合わなさは「だるまさんが・・・」の時と同じく酷いです。これは観なくてもよいカテゴリーに入りました。((+_+))
f0064229_19464236.jpg


【作品情報】
ファンタジーテイストのラブストーリーとして幅広い層から支持を受ける「月刊アクション」連載の少女コミックを、NHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインを演じた土屋太鳳主演で映画化。10年後の自分から届いた手紙によって、悲しき運命を変えようとする女子高生の純愛を描く。「まれ」でも相手役を演じた山崎賢人が転校生の翔役で出演。
f0064229_19465437.jpg

【あらすじ】
高宮菜穂(土屋太鳳)が高校2年を迎えた春、10年後の未来の自分から一通の手紙が届く。「過去にいる10年前の私へ 26歳になった私には、後悔していることがたくさんあります。あなたにはこの先 たくさんの喜びや幸せが待っています。どうか その幸せをこぼさないように 大切なものを 失わないで――」そこに書かれていたのは、菜穂が転校生の成瀬翔(山崎賢人)を好きになり、そして翔が1年後には死んでしまっているということだった。最初はイタズラと思っていた菜穂だったが、手紙に書かれていることが次々と実際に起こり、菜穂は次第に手紙を信じるようになっていく。やがて10年後の後悔が、翔を救うことができなかったことだと知る菜穂。なぜ翔を失ってしまうのか。26歳の自分と同じ後悔を繰り返さないためにはどうすればいいのか……。10年後の想いを知った菜穂は、菜穂のいちばんの理解者であるサッカー少年・須和弘人(竜星涼)や、クールな姉御肌の茅野貴子(山崎紘菜)ら仲間たちとともに自らの未来を変えていく決意を固める……。
f0064229_1947554.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-12-12 19:47 | 映画 | Comments(0)