はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

インサイド・ヘッド

ジョイ〈喜び(ヨロコビ)〉、アンガー<怒り(イカリ)>、ディスガスト<嫌悪(ムカムカ)>、フィアー<恐れ(ビビリ)>、サッドネス<悲しみ(カナシミ)>5つの感情をジョイがマネジメントしてるという発想は、脳内ポイズンベリーの理性が感情をマネジメントするという設定と似ているようで切り口が違って、こちらの方が子供にもわかりやすかった?
しかしながら、ジョイ(喜び)の会話量が異常におおくて、吹き替えでも子供たちにはわかりにくかったのでは・・・特に悲しみと喜びが混ざり合う感情のあたりだと「???」となっていたようだ。
はずれのないピクサー作品の中でもこれはさすがに厳しい評価をせざるを得ない。

そもそもオープニングでドリカムの主題歌だけを切りだして聞かせるところが「アナ雪」2匹目のドジョウ作戦と写ってしまうのは気のせい?こんな難しい歌を子供たちは口ずさめないぞ~
※オリジナル版では、ライリーの嫌いな食べ物は"ブロッコリー"だが、日本語吹き替え版では"ピーマン"になっている。
f0064229_214833.jpg


【作品情報】
『カールじいさんの空飛ぶ家』のピート・ドクター監督が人間の頭の中の世界を描いたディズニー/ピクサーによるユニークな冒険ファンタジーアニメーション。11歳の少女の頭の中にある、喜び、怒り、嫌悪、恐れ、悲しみという5つの感情の擬人化されたキャラクターたちが、少女の幸せを守るという大事な使命を果たすために奮闘する。
f0064229_2141895.jpg

【あらすじ】
明るく幸せに育った11歳の少女ライリーは、父親の仕事の都合で今まで住んでいた田舎に別れを告げ、大都会サンフランシスコに引っ越してくる。ライリーが新しい生活に慣れようとしていく中、彼女の頭の中にある5つの感情──ジョイ〈喜び(ヨロコビ)〉、アンガー<怒り(イカリ)>、ディスガスト<嫌悪(ムカムカ)>、フィアー<恐れ(ビビリ)>、そしてサッドネス<悲しみ(カナシミ)>、それぞれがライリーの幸せを守ろうとぶつかり合う。やがて彼らの行動はライリー自身の感情となり、予想のつかない大事件を巻き起こしていく……。
f0064229_2143024.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-07-25 21:07 | 映画 | Comments(0)