はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

アリスのままで

この映画はジュリアン・ムーアの演技に尽きる。
次に、若年性アルツハイマーは家族性があり、遺伝すると100%発症するということだった。
この作品の中で長女アナが陽性でありながら子供を産もうとしいている。子供にも遺伝するリスクもある。
そういうものを全部ひっくるめて、アリスの家族は各々の考え方をすべて否定しない点が素晴らしい。
本来もっと悲惨なのでしょう。テーマ的には皆さんにお勧めするものではないようですが、秀作ではありました。
f0064229_1823045.jpg


【作品情報】
若年性アルツハイマーと診断された50歳の言語学者の苦悩や葛藤、家族との絆を描いたベストセラー小説をジュリアン・ムーア主演で映画化した人間ドラマ。妻を必死に支えようとする夫をアレック・ボールドウィンが演じる。監督はウォッシュ・ウエストモアランドとALS(筋委縮性側索硬化症)と戦いながら撮影に挑んだリチャード・グラッツァー
f0064229_1824560.jpg

【あらすじ】
ニューヨークのコロンビア大学で教鞭をふるう50歳の言語学者アリス(ジュリアン・ムーア)は、キャリアを積み学生たちから慕われる一方、家族にも恵まれ、まさに円熟期を迎えていた。しかし物忘れが顕著に現れるようになったため受診したところ、若年性アルツハイマー病だと診断される。日々記憶が失われる中、アリスは懸命に自分の運命と戦っていく。
f0064229_1825833.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-06-28 18:03 | 映画 | Comments(0)