はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

海街diary

鎌倉に住む家族の日常を切り取りながら、家族や親子関係、男女関係をさらっと伝えている。
作品として「どこが見どころ?」ではなく「見所のないところ」が見どころ(わかってもらえるかな?)
✩5つではないけど✩3ではない。何とも言えない絶妙さを感じる。
リリーフランキーのナチュラル福岡弁(博多弁ではないんです)が鎌倉に住む少し変わったよそ者感がして好きです。長澤さんのベットシーンから、着替え、など監督の趣味なのかちょくちょくほり込まれてる♪
男子でなく女子向きな感じがしました。
f0064229_16233515.jpg


【作品情報】
海の見える街で暮らす個性的な4姉妹と周囲の人々との交流を描いた吉田秋生の同名コミックを『そして父になる』の是枝裕和監督が映画化した人間ドラマ。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずという日本映画界を代表する女優たちが4姉妹に扮する。3人の母親役の大竹しのぶをはじめ、堤真一、加瀬亮ら豪華キャストが集結。
f0064229_16235018.jpg

【あらすじ】
女・幸(綾瀬はるか)、次女・佳乃(長澤まさみ)、三女・千佳(夏帆)は、鎌倉で三人一緒に住んでいた。そんな彼女らのもとに、ある日、15年前に家を出て疎遠になっていた父の訃報が届く。三人は父の葬儀が行われる山形に向かい、母親違いの妹・すず(広瀬すず)と初めて対面する。身寄りをなくしたすずはどうしようもない大人たちに囲まれながらも、一人毅然とした態度を見せていた。そんなすずに幸は、鎌倉に来ないかと言う。こうして、すずを入れた四姉妹の暮らしが始まった……。
[PR]
by hageuz | 2015-06-20 16:23 | 映画 | Comments(0)