はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

夫婦フーフー日記

実話なのにグッと来ないのは何故なんだろう?闘病の末逝去した奥さん役の永作さんの明るいキャラクターなんでしょう。実際に本当のブログをなぞっているからか最後まで盛り上がらないのは仕方がありませんが、映画化するには向いていなかったようです。佐々木蔵之介をもってしても秀作とは言えなかった。
観に行っちゃダメな系です。残念!こんなことなら「あん」を観ときゃよかった・・・・
f0064229_1692223.jpg


【作品情報】
NHKでドキュメンタリードラマにもなった、夫婦の闘病ブログを基にした書籍「がんフーフー日記」を佐々木蔵之介&永作博美主演で映画化した家族ドラマ。死んだはずの妻と残された夫が、夫婦の軌跡を振り返るという大胆な設定を付け加え、悪性腫瘍と必死に闘う妻を支える夫の愛や、ブログには書かれなかった夫婦の思いをつづる。
f0064229_169359.jpg

【あらすじ】
ダンナことコウタ(佐々木蔵之介)とヨメことユーコ(永作博美)は、長年の友人づきあいを経て出会いから17年目に結婚。入籍してすぐに妊娠が分かり大喜びする二人だが、ヨメの直腸に悪性腫瘍があることがわかる。ダンナはブログに夫婦の日々を記していった。やがて二人の子ペ~が生まれ希望に包まれるが、ヨメの容体が悪化。ヨメは最期に望んだ大好きなハンバーガーを食べ、その数日後に息を引き取った。そんな中、ダンナのもとにブログを書籍化する話が舞い込んでくる。現実から逃げるように原稿に向かうダンナの前に死んだはずのヨメが姿を現わし、二人は一緒に過ごした日々を振り返るうちに、互いに伝えられなかった思いに目を向けていく。
f0064229_1695195.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-05-31 16:09 | 映画 | Comments(0)