はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

いきなり冒頭の包丁さばきで観客を作品に巻き込んだ演出は良かった。ジョン・ファヴローが監督主演を行ったことで、やたら綺麗な元妻(ソフィア・ベルガラ)や同僚(スカーレット・ヨハンソン)などありえないくらいの美女設定。この辺はリアル感が全くなかった。一流シェフなのに結局フードトラックでは自分のソールフードである「キューバサンド」を中心に出すのみ。創作料理や新しい料理がやりたくて店をやめたのに・・
ラストでは「そうじゃなくっちゃ~」ってなりましたが、そのあとはエンドロールでおいしい料理はM前半しか見れなかったのが少し残念でした。
なんとかおうちでキューバサンド作りたいです。レシピ検索します。
f0064229_19535127.jpg

【作品情報】
『アイアンマン』シリーズの監督、ジョン・ファヴローが監督・製作・脚本だけでなく自ら主演を務めた人間ドラマ。一流レストランの総料理長だった男が、オーナーとの対立を機に、フードトラックでサンドウィッチの移動販売を始めるさまを描き出す。ロバート・ダウニーJr.、スカーレット・ヨハンソンら豪華キャストが脇を固める。
f0064229_1954440.jpg

【あらすじ】
ロサンゼルスにある一流レストランで総料理長を務めているカール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)は、メニューに口を出すオーナー(ダスティン・ホフマン)と対立し店を去る。次の仕事について考えなければならない中向かったマイアミで、絶品のキューバサンドイッチと出会う。別れた妻(ソフィア・ベルガラ)や息子(エムジェイ・アンソニー)、友人(ジョン・レグイザモ)、と協力し合い、フードトラックでのキューバサンドウィッチの移動販売を始めるカール。行く先々でサンドウィッチを作りながら、原点に戻り料理や生きる上での情熱を取り戻そうとする……。
[PR]
by hageuz | 2015-03-01 19:54 | 映画 | Comments(0)