はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

くちびるに歌を

新垣結衣さんのセリフは極力少ない。それでいてピアノを弾かなくなった苦悩から心理的な変化で生徒たちと向き合う教師として立ち直るさまが素晴らしかった。ピアノ演奏が云々という方もいるようですが、演奏でなく一人の苦悩する女性を明るいキャラクターを封印した彼女の演技に成長を感じます。
妻の故郷である「五島列島」という懐かしさもあり、話に入り込んでみることができました。三木孝浩監督はこれまで「アオハライド」「ホットロード」「陽だまりの彼女」「僕等がいた 前篇・後編」「ソラニン」とほぼ別冊マーガレットアニメや恋愛小説を得意分野としていましたが、青春映画でも大人にフォーカスした作品を真正面で取り組んだ結果として素晴らしい作品に仕上げてくれました。
合唱部というとわざとらしい発声や変ににこやかな表情で苦手な方でしたが、この作品の生徒たちは自然に歌を唄っていて演出へのこだわりも感じられました。
なんとなくジンとくる秀作でした。
f0064229_19385737.jpg

【作品情報】
08年の全国学校音楽コンクールの課題曲となった「手紙 拝啓 十五の君へ」。その作者であるアンジェラ・アキが全国の中学生に会いに行き直接対話をするというテレビのドキュメンタリーから発想を得た同名小説を新垣結衣主演で映画化した人間ドラマ。中学生たちのみずみずしい青春劇を映し出したのは『アオハライド』の三木孝浩。
f0064229_19391279.jpg

【あらすじ】
東京から柏木ユリ(新垣結衣)が、長崎県五島列島にある中五島中学校へ音楽の臨時教員として赴任してくる。彼女がこの青い海に囲まれた故郷へ帰ってきたのは、数年ぶりのことだった。生徒たちの間では美人でピアニストとして活躍していた柏木の話題でもちきりに。当の柏木はそっけない態度で生徒たちに接し、生徒からせがまれてもいっこうにピアノを弾こうとしない中、嫌々ながら合唱部の顧問を引き受ける。女子しかいないところに男子が入ってきた上に全国コンクールへ混声で出場することが決まり、合唱部の部員たちは混乱する。コンクールの課題曲は『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』。柏木は部員たちに15年後の自分へ手紙を書くよう言う。そこには、普段明るく見せていてもそれぞれ悩みや苦しみを抱え、だからこそ仲間とひとつになって歌う合唱に救いを求める生徒たちの姿があった。遠ざかっていたピアノにも生徒たちにも向き合うようになっていく柏木。そして迎えた本番当日、ある事件が起きる……。
[PR]
by hageuz | 2015-02-28 19:39 | 映画 | Comments(0)