はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

悼む人

作品のテーマや性質上仕方ないのかもしれないが、あまりにも監督の主観がない。この手のテーマを堤さんが何故監督したのかが不思議でならない。坂築静人(高良健吾)が、自分とは縁もゆかりもない死者を“悼む”旅を行っているのかを自分でも答えに窮して「病気だと思います」と話しているシーンくらいからあまりにも我々観客に丸投げになってしまった。蒔野抗太郎(椎名桔平)との絡み方も少し厚みがなかったし、奈義倖世(石田ゆり子)と坂築静人の後半の展開も映像として生々しさとあいまいさが交錯して、監督自身がどう伝えていこうか迷いがあるように感じた。小説の世界観が映像にするには高尚すぎたのかもしれない。
f0064229_17333570.jpg


【作品情報】
第140回直木賞に輝いた天童荒太の同名小説を、堤幸彦監督が高良健吾を主演に迎えて映画化した人間ドラマ。縁もゆかりもない死者を“悼む”ために全国を放浪する青年と、夫を殺した過去をもつヒロインの旅の行方を描き、人が誰しも直面する“死”のありかたを問う。ヒロインの倖世を演じるのは石田ゆり子。
f0064229_17353622.jpg

【あらすじ】
週刊誌記者・蒔野抗太郎(椎名桔平)は残忍な殺人や男女の愛憎がらみの事件の記事を得意としていることから、エログロの蒔野、“エグノ”と陰で呼ばれていた。蒔野が個人的に開設したサイトには、醜悪で卑猥で人はかくも非道になれるのかという加害・被害の実体験の書き込みが全国から寄せられてくる。そんなある日、蒔野は、死者を“悼む”ために全国を放浪している坂築静人(高良健吾)に出会う。人の善意を信じられぬ猜疑心の塊のような蒔野は、そんな静人の不可解な行動に疑念を持ち、彼の身辺を調べ始めるのだった……。その頃、静人の母・坂築巡子(大竹しのぶ)は末期の胃癌を患いながら静人の帰りを待っていた。病院での治療も効果があがらず横浜の自宅でターミナルケアを受けながら死を迎える決意をする巡子。幼い頃から対人恐怖の傾向があり、他人の顔を見て話すのが難しいというハンデを背負う巡子の夫・鷹彦は会社を辞めて巡子の介護に専念する。そんな中、二人の娘で静人の妹・美汐(貫地谷しほり)が、母の病を知り実家に戻ってくる。だが恋人の子供を身籠もっていることが判明。その恋人とは既に別れたという美汐だったが、そこには静人の存在が影を落としていた……。家庭内暴力を受けた女性を匿い“仏様の生まれ変わり”と言われた夫・甲水朔也(井浦新)を殺害した奈義倖世(石田ゆり子)は、4年の刑期を終え出所する。しかし倖世に身寄りはなく、行くあてもない。さらに自らが手にかけた夫が亡霊の如き存在と化し、肩口から語りかけてくるのだった。途方に暮れる倖世は二度と足を踏み入れぬつもりだった東北の町を訪ね、殺害現場で朔也を悼む静人と出会う。動揺する倖世に、静人は「この方は生前、誰を愛し、誰に愛されたでしょうか。誰かに感謝されたことはあったでしょうか」と問いかける。静人の真意を訝る倖世は、夫を殺した事実を告げぬまま、静人と行動を共にする……。
[PR]
by hageuz | 2015-02-15 17:35 | 映画 | Comments(0)