はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

マエストロ

予想通りの展開だったとはいえ作品的なできはまずまず。会場ではラストシーンですすり泣く声もするほろっとさせるシーンもありました。破天荒な指揮者の指導に反発しながらも徐々に各自の演奏が向上していくくだりはリーダーの一つのスタイルを再認識させられる。オーケストラに関して知識が少ないので「本当?」かどうかわかりませんが、妙に納得させられてしまうのは私がトウシロウだからなのでしょう・・・
わかりやすい展開なので眠たくなることはありませんでした。
f0064229_1531931.jpg

【作品情報】
第12回文化庁メディア芸術祭で最優秀賞に輝いた、さそうあきらの同名コミックを松坂桃李主演で映画化。一度は解散した名門オーケストラの再結成に参加した若きヴァイオリニストが“負け組”の楽団員や謎の指揮者とともに再びステージに挑む姿を描く。人気シンガーソングライターのmiwaがフルート奏者役で映画初出演を果たす。
f0064229_1532025.jpg

【あらすじ】
ヴァイオリニストでコンサートマスターの香坂(松坂桃李)のもとに、不況で解散した名門オーケストラ再結成の話が舞い込む。しかし練習場は廃工場、集まってきたのは再就職先も決まらない“負け組”楽団員たちと、アマチュアフルート奏者のあまね(miwa)だけだった。久しぶりに合わせた音はとてもプロとは言えず、不安が募る香坂。そこに謎の指揮者・天道(西田敏行)がやって来る。彼は再結成を企画した張本人だが経歴も素性も不明、下ネタを連発し、指揮棒の代わりに大工道具を振り回す。そんな自分勝手な進め方に楽団員たちは反発するが、次第に天道が導く音の深さに全員が引き込まれてしまう。やがて楽団員たちは、その破天荒な指揮に導かれ、それぞれが抱えていた心の傷と挫折から自信を取り戻していく。だが香坂だけは天道の隠された過去を知り、さらに反発を強めていくのだった。そして迎えた復活コンサート当日。意気揚々と演奏に臨むオーケストラのメンバーたちは、天道が仕掛けた本当の秘密を知ることになる……。
f0064229_1532148.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-02-01 15:32 | 映画 | Comments(0)