はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

エクソダス:神と王

モーゼといえば、十戒(石板)や海が割れるエピソードをイメージするが、この作品はヘブライ人であったモーゼの生い立ちにフォーカスしていきます。
今回、3D版を鑑賞しましたが、前半のまさに一緒にいるような映像は素晴らしかったのに後半は3Dでなくてもよかったくらいの尻すぼみと冗長な展開が残念でした。
石版への戒律を刻むシーンがあり、私の中では「雷により石版が掘られていく」イメージと違ったのと海が割れなかったのが残念でした。やはりハリウッド大作「十戒」は、私に大きな影響を与えていることを改めて確認できました。作品の質はさすがリドリー・スコット監督って感じですが、実力を発揮するのはSFですね。グラディエーターは脚本に助けられた作品で、ブレードランナー・エイリアンを越えられないですね。
f0064229_19393974.jpg

【作品情報】
兄弟のように育てられたモーゼとエジプト王ラムセス。ヘブライ人を巡り、運命に翻弄される2人の男の姿を描く、リドリー・スコット監督によるスペクタクル・アドベンチャー。カエルの大量発生、ナイル川が真っ赤な血に染まり、そして紅海が割れるさまなど、“10の奇跡”と呼ばれるモーゼの行いを科学的根拠に基づき映像化。
f0064229_19402493.png

【あらすじ】
紀元前1300年、多くのヘブライ人が暮らす古代エジプト。増えすぎたヘブライ人の男児を殺すようファラオ(エジプト王)が命じたため、赤ん坊だったモーゼも川に流される。しかし、エジプトの王女に拾われ、王子のラムセスと兄弟同然に育てられる。時が経ち、成長したモーゼ(クリスチャン・ベイル)は、ラムセス(ジョエル・エドガートン)と共に兵を率いてヒッタイト帝国との戦いで敵を撃破するなど、王国での地位を確立しつつあった。しかし、ヘブライ人の長老ヌン(ベン・キングズレー)から、自分がヘブライ人であることを知らされる。モーゼは、ヘブライ人を鞭打ちにしていたエジプト人を殺害し、国を追放される。やがて、エジプト人による虐待から救うため、40万のヘブライ人を“約束の地(現在のパレスチナ)”へ導くため、モーゼはエジプトに戻る。ファラオとなっていたラムセスにヘブライ人の退去を提案するが、拒否される。すると、エジプトにとって災いとなる“10の奇跡”が起こり、ラムセスはヘブライ人の退去を認める。モーゼたちはエジプトを脱出するが、ラムセス率いるエジプト軍の襲撃を受ける。モーゼたちは紅海に追い詰められ、誰もが絶体絶命だと覚悟するが……。
[PR]
by hageuz | 2015-01-31 19:46 | 映画 | Comments(0)