はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

サンバ

フランスにおける“移民”事情がよくわかります。また、休職中なのに復帰まで福祉相談という副職が可能な事情も日本人の私にとっては驚きです。サンバ自身は明るく仲間もいるんですが、移民というだけで日陰に追いやられてしまう、悲しい現実が赤裸々に描かれます。ただ、話のテンポが悪くアリス(シャルロット・ゲンズブール)の心理状態とサンバ(オマール・シー)の気持ちが今一つしっくりきませんでした。ラストもすこしモヤっとした感じで「最強のふたり」が素晴らしかっただけに少し観る前からハードルが高かったのかもしれませんが、平均以下の作品でした。このレベルの作品を外国映画で見続けるとおそらくしばらく観に行かなくなりそうで・・・今年1本目としては残念なスタートになりました。
f0064229_19193368.jpg

【作品情報】
最強のふたり』の監督&主演コンビによるヒューマンドラマ。ビザの更新を忘れ、フランスからの国外退去を命じられたアフリカ人青年と、彼を窮地から救おうと奮闘する女性や愉快な仲間たちの姿が描かれる。オマール・シーがどんな悲惨な境遇にいても笑顔を絶やすことのない青年サンバに扮し、観る者を温かな気持ちにさせる。
f0064229_19194844.jpg

【あらすじ】
アフリカのセネガルからフランスに来て10年、様々な仕事を経験してきた青年サンバ(オマール・シー)に、ある日突然、ビザの失効により国外退去命令が出される。職場を追われ、表立ってはこの国にいられない絶体絶命のサンバの前に現れたのは、移民支援協会ボランティアのアリス(シャルロット・ゲンズブール)であった。心が折れて大企業を休職中のアリスは、窮地の中でも屈託ない笑顔を向けてくるサンバに興味を持ち、彼を救おうと尽力する。そんな中、陽気なブラジル移民ウィルソン(タハール・ラヒム)や、破天荒な法学生マニュ(イジア・イジュラン)など、サンバの周りには彼の不思議な魅力に惹かれた人たちが集まってくる。生まれも境遇も全く異なる彼らのおかしくも風変りな関係はいつまでも続くかに思えたが、ある日、サンバの身に思いもよらぬ出来事が起こり……。
f0064229_1920128.jpg

[PR]
by hageuz | 2015-01-02 19:20 | 映画 | Comments(0)