はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

バンクーバーの朝日

03年にカナダ野球殿堂入りしたことも知りませんでした。戦前に活躍したカナダ移民の二世を中心にした野球チーム「バンクーバー朝日」の物語。話としては実話なのでシナリオ云々といいにくいんですが、作品自体のテンポは悪く、白人が黄色人種や黒人を人種差別する体の話はうんざりするほど見聞しているので新しさは全くありません。上地雄輔や亀梨和也など野球経験者を集め、野球シーンはそれなりに素人感をぬぐおうとしているのはわかりますが、朝日が活躍するまでが冗長でかつ内容が地味なだけにもっとリアリティではないところで勝負してほしかった。これを映画として成立させるにはもっと日本人の中での朝日への想いや選手たちにもっとフォーカスしたシーンが必要だった。史実だけに残念な作品だった。石田えりを久しぶりに観ることができたくらいが良かった?
f0064229_19472760.jpg

【作品情報】
差別や貧困をものともせず、フェアプレーの精神で戦い、03年にカナダ野球殿堂入りした実在の野球チーム、バンクーバー朝日軍の知られざる姿を描く人間ドラマ。その戦いぶりで人々に勇気を与えていく野球チームのメンバーを妻夫木聡、勝地涼のほか、亀梨和也、上地雄輔といった野球経験者が演じる。監督は『舟を編む』の石井裕也。
f0064229_1948918.jpg

【あらすじ】
20世紀初頭、多くの日本人が胸をふくらませ新天地カナダを目指し海を越えていった。しかし彼らに対する風当たりは厳しく、差別や辛い肉体労働、貧困を耐え忍んでいた。そんな中、日系二世が中心となりバンクーバーを拠点にした野球チーム『バンクーバー朝日』が結成される。フェアプレー精神を貫き巧みな戦術を用いてひたむきに戦う彼らは、やがて日系移民の希望となり、白人社会からも賞賛を得、激動の時代を照らす光となっていく……。
[PR]
by hageuz | 2014-12-21 19:49 | 映画 | Comments(0)