はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

ベイマックス

親子で観ても楽しめる作品であるのはウォルト・ディズニーとしては期待通り。間違いなくハズレ無し。安心して最後まで観ることができました。ストーリーもそれなりに面白く、飽きることなく時間がたっていくのはさすがです。しかしながら、どこかで観たことのあるような悪者設定や仲間たちのキャラ設定。
ロボットアニメとしてみたら2級品。ハートフルストーリーとしてみればそれなり・・・・
劇中に登場するマイクロボットという設定はかなり先進的で、CGもそれなりに良かったけど、ベイマックスを強化系した際の矛盾が気になってしょうがなかった。冬休みの親子で観る映画としては「妖怪ウォッチ」かこの作品なんでしょうね。
f0064229_1925058.jpg

【作品情報】
近未来の架空の都市を舞台に、兄を失い心を閉ざした少年と癒し系ロボットとの心の交流を描くディズニーアニメ。鈴をイメージしたつぶらな瞳を持つケア・ロボット、ベイマックスのデザインをはじめ、サンフランシスコと東京が融合したかのような都市など、日本の文化から多大な影響を受けたファンタジー。
f0064229_193531.jpg

【あらすじ】
技術分野最先端の頭脳が集まる都市サンフランソーキョーに住む14歳の少年ヒロは、たった一人の身内である兄タダシを謎の事故で失う。心を閉ざし悲しみに暮れるヒロの前に、突如ベイマックスというロボットが現れる。空気で大きくふくらみゆったりと動くベイマックスは、タダシが開発した、人の身や心の健康を守るケア・ロボットだった。ベイマックスの優しさに触れ、次第にヒロの孤独な心は癒され元気を取り戻していく。そんな中タダシの死に疑問を持ち調べていくうちに、恐るべき陰謀に気付く。ヒロはこれに立ち向かおうとするが、唯一の味方であるベイマックスはケア・ロボットであるため戦う意欲すらない。実はベイマックスは、タダシからある使命を託されていた……。
f0064229_1932599.jpg

[PR]
by hageuz | 2014-12-20 19:04 | 映画 | Comments(0)