はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

アオハライド

私のようにコミックを読んでいないおじさんにとっては、キャラクタ設定なんかは違和感はないんですが、さすがに東出さんの中学生演技は難しいとの判断だったのでしょう、中学時代は本田翼ちゃんも2人別の役者さんでした。最近の設定は世情に合わせた複雑な設定。離婚による兄弟が離れる+母の逝去→父と暮らすなんて言う背景で再開する想いを寄せた2人。4年のブランクで母の死に責任を感じ、以前とは変わってしまった洸(東出昌大)を思い続けていた双葉(本田翼)のラブストーリーが少しもどかしく切ない。
本田翼ちゃんは透明感がありヒロインとしてはすごく良いキャスティングだし自然な演技でした。
友達と真摯に向き合う設定なんか、薄っぺらいといわれている最近の高校生事情ではないしっかりしたシナリオで好感が持てます。ラストはステキな朝の○○シーン。東出さんがさわやかな高校生を演じれば演じるほど違和感満載でした。そこがこの作品の残念なとこだった。
f0064229_17141628.jpg


【作品情報】
別冊マーガレットに連載中の咲坂伊緒による同名コミックを、本田翼、東出昌大ら人気若手俳優の出演で映画化した青春ラブストーリー。お互いに思いを抱きつつも一度は離ればなれになってしまった男女が、高校生となって再会。その思いを再燃させていく姿がクラスメイトを交えた複雑な恋模様とともに描かれる。
f0064229_17143425.jpg

【あらすじ】
双葉(本田翼)と洸(東出昌大)は中学1年生の頃お互いに淡い恋心を抱いていたが、洸は長崎へ転校し、離ればなれになっていた。高2の春、再び双葉の前に現れた洸は戸惑うほどクールになっていたが、次第に変わらぬ優しい面も見えてきて双葉は彼に惹かれていく。修子(新川優愛)や小湊(吉沢亮)、悠里(藤本泉)といった友人たちや、双葉を慕う冬馬(千葉雄大)、洸と似た境遇の唯(高畑充希)らの思いが交錯する中、再び現れるまでの4年間に洸に何があったか明かされていく。青春のやるせなさに揺れ動く双葉と洸だが……。
f0064229_17144776.jpg

[PR]
by hageuz | 2014-12-14 17:15 | 映画 | Comments(0)