はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

寄生獣

予想通りの駄作!山崎貴監督が新しい3D技術を駆使して作ったらしいが、残念ながら作られた映像であることがあまりにもわかりやすく、加えてミギーというキャラクターが浮きまくっていてつまらない。
笑えないしグロくて気持ちが悪い。どれだけシャープな切れ味があってもあれほどさっくり人間は食われないんじゃない。その辺がリアルじゃないからいいのかもしれないが、できればこの辺にリアルさを出してほしかった。神様の言うとおりもそうだが、あまりに話が突拍子すぎるとどう反応していいのか困ってしまう。
最初から2部作で作成しているのだろうが、これじゃ次を観に行く気がしない。
みなさんお金をドブに捨てちゃいけないよ!
f0064229_14492818.jpg


【作品情報】
斬新な発想で人気を博した岩明均の同名コミックを、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴監督が2部作として映像化したSFアクションの第1弾。空から飛来した謎の生物を右手に宿してしまった少年・泉新一と、同じく謎の生物に寄生され脳を支配された“パラサイト”や、彼らを取り巻く人間たちが繰り広げる物語がつづられる。
f0064229_14494383.jpg

【あらすじ】
謎の寄生生物パラサイトが現れた。パラサイトは人間の脳に寄生し肉体を操り、人間を捕食していく。高校生の泉新一(染谷将太)にもパラサイトが近づき脳に寄生しようとするが失敗。パラサイトはやむなく右腕に寄生する。この信じがたい事態を周囲に話すわけにもいかず、新一は右腕のパラサイトにミギーと名前を付け奇妙な共生生活をするうちに、友情のようなものを感じるようになっていく。パラサイトは次々に現れ、新一の幼馴染の同級生・里美(橋本愛)にも危険が迫る。人とパラサイトの殺し合いが進む中、高校教師として現れたパラサイトの田宮良子(深津絵里)らはそれぞれの考えを持ち始めていた。地球を破壊する人間を淘汰するために生まれてきたというパラサイトに、生き残りをかけ戦う人間たち。価値観が揺らぐ中、新一とミギーはパラサイトとの戦いに身を投じていく……。
[PR]
by hageuz | 2014-11-30 14:50 | 映画 | Comments(0)