はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

MIRACLE デビクロくんの恋と魔法

妻曰く「駄作」!
アニメのデビクロ(デビルクローズ;サンタの暗黒面が切り出されたらしい)がちょいちょい登場するところが通常の恋愛映画と違う(決して良い演出ではない)し声が劇団ひとりっていうところじゃないかな~
話自体はよくある幼馴染系灯台下暗しストーリー。
個人的にいじめられっ子の主人公が成長した光役の相場くんはそのまんまの感じでよかったですが・・・
ソヨン役のハン・ヒョジュが今一つ話の中に溶け込めていないのは残念(結構美人です。もっと活かせる役柄があったのでは?)
画面サイズも通常のワイドTVサイズで劇場で観る価値がないですね。
f0064229_13232577.jpg


【作品情報】
クリスマスソングの定番として知られる山下達郎の「クリスマス・イブ」をモチーフにした中村航の小説を映画化したラブストーリー。漫画家を夢見る書店員、オブジェ作家の卵、照明アーティスト、売れっ子漫画家という片想い中の4人に起きる“奇跡”が描かれる。本作が単独初主演となった相葉雅紀のほか、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真ら若手注目株が共演。
f0064229_13233553.jpg

【あらすじ】
優しすぎて気弱でさえある書店員の光(相葉雅紀)は、漫画家になる夢をあきらめきれないでいる。『デビクロ通信』と銘打ったビラを夜な夜な街にばらまく光。そんな彼を幼馴染の杏奈(榮倉奈々)は温かい目で見守っていた。ある日、光は偶然出会った杏奈の仕事仲間で照明デザイナーをしているソヨン(ハン・ヒョジュ)に運命を感じる。しかしソヨンはかつて光の大学時代の同級生で今や人気漫画家となった北山(生田斗真)と交際していたことがあり、彼のことが忘れられないでいた。それぞれの思いが絡み合う4人。クリスマス・イブの夜、彼らの恋に奇跡が舞い降りる――。
[PR]
by hageuz | 2014-11-23 13:22 | 映画 | Comments(0)