はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

紙の月

宮沢りえがシリアスな主演を行っているが、フィクションとしか感じられない内容だった。とりわけ光太(池松壮亮)と再会して関係を持つ件にリアル感が乏しい。(あくまで男性目線なので女性がどう感じるかはわからないが・・・)考えれば形式点検を日常としている金融機関にあって、不正を行うチャンスは転がっていそうな時代背景であるので現在と比較できないが、不正の手段が稚拙でありこのようなことが起こり得るのかという点でもフィクションである印象が薄まらない。ただ、隅より子(小林聡美)や相川恵子(大島優子)らの脇を固める俳優陣が作品を締まったものにしている。作品の是非は脚本だけでは決まらないのであればこの作品の演技者のかなり高い演技スキルは評価できる。ラストシーンはかなり意外な感じがしたが、これもまたフィクションであれば致し方ない。世の女性の皆さんには所詮、大学生と不倫するなら悲しい結末しか待っていないと肝に銘じておかないとね!って感じかな。
f0064229_1356960.jpg

【作品情報】
直木賞作家・角田光代の同名作を『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八が、宮沢りえを主演に迎えて映画化したサスペンス。契約社員として銀行で働く平凡な主婦が、年下の大学生との出会いを機に、金銭感覚をマヒさせていき、やがて巨額の横領事件を引き起こすさまを描く。相手役の大学生を演じるのは若手実力派の池松壮亮。
f0064229_13562015.jpg

【あらすじ】
1994年。梅澤梨花(宮沢りえ)は、子どもには恵まれなかったものの夫(田辺誠一)と穏やかな日々を送っている。契約社員として勤務する「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上(近藤芳正)からも高評価。支店では、厳格なベテラン事務員の隅より子(小林聡美)や、まだ若くちゃっかり者の窓口係・相川恵子(
f0064229_13555177.jpg
大島優子)ら、様々な女性たちが梨花と共に働いている。だが一見、何不自由のない生活を送っている梨花であったが、自分への関心が薄く鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある夜、梨花の顧客で裕福な独居老人の平林(石橋蓮司)の家で一度顔を合わせたことのある孫の光太(池松壮亮)と再会した梨花は、何かに導かれるように大学生の彼との逢瀬を重ねるようになる。そんな中、外回りの帰り道にふと立ち寄ったショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りないことに気づいた梨花が手を付けたのは、顧客からの預かり金の内の1万円だった。銀行に戻る前にすぐに自分の銀行口座から1万円を引き出して袋に戻したが、これが全ての始まりであった。学費のために借金をしているという光太に梨花は「顧客からの定期の申し込みがキャンセルになった」と200万を渡す。さらに顧客から預かった300万を自分の通帳に入れ、自宅で定期預金証書や支店印のコピーを偽造する……。やがて横領する額は日増しにエスカレートしていくのだった、上海に赴任するという夫には同行せず、梨花は光太と一緒に高級ホテルやマンションで贅沢な時間を過ごすが、光太の行動にも変化が現れ、ある日、光太が大学を辞めたことを告げられる。そんな折、隅が、銀行内で不自然な書類の不備が続いていることを不審に感じ始めていた……。
[PR]
by hageuz | 2014-11-16 13:56 | 映画 | Comments(0)