はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

イコライザー

CIAの凄腕諜報員マッコール(デンゼル・ワシントン)はなぜホームセンター従業員になったのか?
これまでにいろんな悪党狩り系はありましたが、敵をやっつける時に時間を秒数で予測する演出が新しい。
日本人好みのストーリーなのですが、ボスキャラをやっつけるまでが冗長で30~40分は短縮されたんではないかしら。ホームセンターの従業員なんで、場所柄、そこの道具を使うことが多いんですが、いつもながらに自動釘打ち機は拳銃と同じくらい殺傷能力が高いんじゃないかと心配になります。
デンゼル・ワシントンが好きならお勧め。そうでなければDVDで冗長シーンは早送りで・・・
f0064229_20414263.jpg

【作品情報】
80年代に人気を博したテレビドラマをデンゼル・ワシントン主演でリメイクしたサスペンス・アクション。元CIAの諜報員が偶然出会った娼婦の少女を救うべく、身近な武器を手にロシアンマフィアに戦いを挑んでいく姿が描かれる。クロエ・グレース・モレッツが物語のカギを握る娼婦に扮し、これまでのイメージとは異なる役を熱演。
f0064229_20415746.jpg

【あらすじ】
ホームセンターの従業員として勤務、今では日々静かに暮らす元CIAの凄腕諜報員マッコール(デンゼル・ワシントン)は、ある夜、馴染みのカフェで娼婦の少女テリー(クロエ・グレース・モレッツ)と出会う。彼女を囲っているロシアンマフィアの非道を知ったマッコールは、彼の中で眠っていた正義感が目を覚まし、彼にしか出来ない“仕事”の遂行を決意。それは警察が介入できない不正やトラブルを身の周りにあるモノ全てを武器に変え、瞬時に解決することであった。世の中の不正を完全抹消する“イコライザー”と呼ばれる男、マッコールは元ロシア特殊部隊のロシアンマフィアに対峙していく……。
[PR]
by hageuz | 2014-10-26 20:42 | 映画 | Comments(0)