はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

ジャージー・ボーイズ

監督イーストウッドが今回はミュージカル舞台の映画化ということで悩んだ末に観に行きました。イーストウッドって本当に才能ある監督です。ドリームガールズのようなテイストでなく、ヒューマンドラマでありながら音楽映画で、ミュージカル映画にはしていない。観客はつい音楽に聞きほれてリズムをとってしまう、そんな仕上がりでした。フランキー・ヴァリ役のジョン・ロイド・ヤングというほとんど無名の役者が素晴らしい歌声を披露。この辺の役者層の厚さがさすがアメリカって感じ。実際のザ・フォー・シーズンズになりきり、リアルタイムで聞いているような錯覚になりました。家族との軋轢や不幸の数々も実話なのでしょう、変に過度な演出もなく2時間20分はあっという間でした。音楽映画やミュージカルが苦手の方でも楽しめるお勧めの映画です。上映期間も今月くらいで終わりそうですが、時間があればぜひ観に行ってね!
f0064229_16571599.jpg


【作品情報】
60年代に数々のヒットを生んだ4人組グループ、ザ・フォー・シーズンズの栄光と挫折を描きトニー賞に輝く大ヒットミュージカルを、クリント・イーストウッド監督が映画化した人間ドラマ。ニュージャージー州の貧しい地区で育った青年たちが体験する出来事の数々を、大ヒットナンバーに乗せて描き出す。
f0064229_16572864.jpg

【あらすじ】
ニュージャージー州の貧しい地区に生まれたフランキー・ヴァリ(ジョン・ロイド・ヤング)、ボブ・ゴーディオ(エリック・バーゲン)、ニック・マッシ(マイケル・ロメンダ)、トミー・デヴィート(ビンセント・ピアッツァ)。希望のない町に生まれた4人は、自分たちの音楽だけで夢のような成功をつかみ取る。彼らはザ・フォー・シーズンズとして、『シェリー』、『恋はヤセがまん』、『恋のハリキリ・ボーイ』、『悲しき朝焼け』、『悲しきラグ・ドール』、『バイ・バイ・ベイビー』、『愛はまぼろし』、『君の瞳に恋してる』といった数々の名曲をヒットさせ、音楽界に不滅の伝説を打ち立てていく。しかし、そのまばゆいばかりの栄光ゆえに、裏切りと挫折、別離、家族との軋轢といった不幸が彼らを襲う……。
f0064229_16574453.jpg

[PR]
by hageuz | 2014-10-19 16:58 | 映画 | Comments(0)