はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて

セス・マクファーレン監督・主演で『テッド』と同じく下ネタ全開の作品。加えてシャーリーズ・セロンの美しさ。日本でいうと香里奈とかぶるのは私だけでしょうか・・・
話としては、心優しい羊飼いのアルバートが本当の?恋に目覚め自分の強みを生かすことに目覚めていくコメディ西部劇?いただけないのは下ネタはまだしもウンチやゲロネタは映像まではやっちゃいけん。
残念ながら米国ではこけたらしく配給も少なく日比谷まで観に行かなくっちゃならなかったけど期待以上ではなかったので配給が増えることは無いでしょう。テッドのような下品さが好きな人はDVDで十分かなぁ~。
f0064229_2149913.jpg

【作品情報】
『テッド』のセス・マクファーレン監督が自ら主人公を演じる、コミカルな西部劇。銃も撃ったことのないオタク青年が、ミステリアスな美女と知り合ったのをきっかけに、悪党に戦いを挑んでいく姿がつづられる。主人公のガールフレンドをアマンダ・サイフリッド、謎の美女をシャーリーズ・セロンが演じるなど豪華女優陣の共演にも注目。
f0064229_21492032.jpg

【あらすじ】
1882年、西部開拓時代のアリゾナ。そこは、タフさが自慢の男と無法者が何かにつけて銃をぶっ放し、野生化した動物とモラルの低い民衆が溢れる、まさに“生活するには最悪な土地”だった。そんなアリゾナの田舎町で暮らす地味でオタクな羊飼いアルバート(セス・マクファーレン)は、文化度が低く、危険な西部の町を心底嫌い、同じオタクの友人に愚痴をこぼす冴えない日々を送っていた。銃すら撃った経験のない彼は、決闘を挑まれても屁理屈を並べて逃げ出す始末で、呆れたガールフレンドのルイーズ(アマンダ・セイフライド)にフラれてしまう。そんなある日、超一流の射撃の腕を持つミステリアスな美女アンナ(シャーリーズ・セロン)が町に現れ、アルバートはふとしたきっかけから彼女と急接近。やがて2人は恋に落ちる。時を同じくして町に乗り込んできたのが、西部最悪の大悪党クリンチ(リーアム・ニーソン)。彼は、アンナに近づいたアルバートをぶっ殺そうとしていた。果たしてアルバートは、極悪ガンマンを倒し、愛する女性をモノにする事が出来るのか……!?
f0064229_21493248.jpg

[PR]
by hageuz | 2014-10-11 21:50 | 映画 | Comments(0)