はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

猿の惑星 新世紀(ライジング)

猿の惑星 創世記の10年後を描いている。猿インフルエンザで人類が90%死滅した世界。経済は完全にストップし、ウィルスに抗体のできた生存者が生き続けるための電気を求め、森に住む猿の領域に踏み込む。
シナリヲはよく練られており、オリジナルのラストの驚きほどではないがうまくまとまっていた。CGや特殊メークの進化がさらに作品のリアリティをあげており、シーザーの表情など感情表現がしっかりと観客に伝わってくる。ストーリーは平凡だというレビューも結構多いが、猿の惑星シリーズをこれだけ取っている中でのオリジナリティを考えると十分合格点だった。
f0064229_1631611.jpg

【作品情報】
傑作SFシリーズ『猿の惑星』のエピソード0的ストーリーを描いた『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』から10年後の世界を舞台にしたSFドラマ。遺伝子の進化により、知能と言語を身につけた猿たちと人類との戦いが幕を開ける。前作に引き続き、チンパンジーのシーザーを演じるのはアンディ・サーキス。監督は『モールス』のマット・リーヴス。
f0064229_16312181.jpg

【あらすじ】
カリスマ的な統率力を誇る猿のシーザー(アンディ・サーキス)が、仲間を率いて人類への反乱を起こしてから10年後。遺伝子の進化、知能と言語の獲得により猿たちはさらに進化を遂げ、独自の文明を形成、森の奥に平和なコミュニティを築いていた。一方、10年前に自らが生み出したウイルスにより人類は90%が死に追いやられ、僅かな生存者グループは、荒廃した都市部の一角に身を潜め、希望なき日々を過ごしている。そんなある日、人間たちが資源を求めて森に足を踏み入れたことから、猿たちとの間に危うい緊張が走る。異なる種でありながらもお互いに家族や仲間を持ち、平和を望むシーザーと人間側のリーダー、マルコム(ジェイソン・クラーク)は和解の道を探るが、両陣営の対立は激化。共存か闘いか、最終決戦へのカウントダウンが刻まれるなか、シーザーとマルコムは種の存亡を懸けた重大な選択を迫られる……。
f0064229_16313783.jpg

[PR]
by hageuz | 2014-09-13 16:31 | 映画 | Comments(0)