はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

IS~男でも女でもない性~

インターセクシャルと聞いて知っている人はどのくらいいるのだろうか?それは4500人に1人生まれる という 知られざる“性”のことで、このドラマはこのテーマをとらえている。
最近のTV東京は「鈴木先生」もそうだったけどかなり突っ込んだテーマや内容のドラマに取り組んでいて、この作品もまた挑戦している感じがするね~
福田沙紀さん自体は結構ワル役も経験し、美女カワ路線で行けない理由があるのかと思うくらい難しい役が多いですが、若手では有望ですね。
テーマが重く見るつもりがなかったけど、昨日のこれまでのエピソードダイジェストを観てこれから見てみます。
f0064229_1603649.jpg


【STORY】
女子高生の制服に身を包み、白咲高校の入学式へと向かう15歳の星野春。
しかし、春には大きな秘密があった。実は、中学まで春は普通の男子として生活を送っていたのだ…。

15年前、春は星野太郎と陽子のもとに生まれた。
しかし、春が生まれてすぐに両親は医師から春がインター・セクシャルであることを告げられる。
インター・セクシャル、通称IS(アイエス)とは、身体的に男女の判別が難しい性を持った人々のことで、生まれる確率は4500人に1人とも、2000人に1人ともいわれているが、正確な患者数は不明だという。医師からこの衝撃的な事実を告げられた両親は、速やかに子供の性別を決めて性器形成手術を受け、その後はホルモンの薬で成長を調節するという方法をとるよう勧められる。

初めて聞くISという言葉、子供の性別を自分たちで決めなくてはならないこと…。
しかも、ISの子を持つ両親の多くが世間の無理解と偏見を前に、早々に手術を受けさせ、その後は事実をひた隠しにして生きているという現状を聞かされ、両親は激しく動揺し苦悩する…。
[PR]
by hageuz | 2011-08-14 16:02 | TV | Comments(0)