はっちのブログ【快適版】

hageuz.exblog.jp

公開映画情報をできるだけ早くお届け!

トランスポーター3

公開ということで観て来ました。今回もテンポのよい作品で2時間を感じさせない展開でした。最初から結末はわかりますが、どうやって切り抜けていくかがこの作品の醍醐味。フランクが湖に車共々沈んでいくシーンでは「ありえないやろ~」的な対処で切り抜けます。(笑)今回初披露の「スーツ&ワイシャツ」アクションはよいですね!すぐに他の映画で真似するんじゃないかしら・・・
依頼人で悪役のロバート・ネッパーは相変わらず「気の触れた狂人」といったキャラが健在でした。
少なくとも楽しめる映画ではありますね。さすがリュック・ベンソン製作でした。
f0064229_20505328.jpg

【STORY】 リュック・ベッソンがプロデュースするアクション・シリーズ、『トランスポーター』シリーズの第3弾。『バンク・ジョブ』のジェイソン・ステイサムふんするクールな天才運び屋がヨーロッパ中を愛車で駆け巡る中、ウクライナ国家と産業廃棄物業界、そして警察が駆け引きを繰り広げる。テレビドラマ「プリズン・ブレイク」シリーズのロバート・ネッパーやK-1選手のセーム・シュルトなどが、敵役で共演。前2作に代わり『レッド・サイレン』のオリヴィエ・メガトンがメガホンを取り、ストーリー、アクションともにグレードアップした展開に最後まで目が離せない。
f0064229_20512497.jpg

運び屋のフランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)は依頼主のジョンソン(ロバート・ネッパー)に車から20メートル離れると爆破する装置の付いたブレスレットをはめられ、謎の美女、ヴァレンティーナ(ナターシャ・ルドコワ)とともにドイツを目指す。しかし、この依頼には有毒廃棄物を扱う国際廃棄物管理会社の陰謀が隠されており……。(シネマトゥデイ)
[PR]
by hageuz | 2009-08-15 20:52 | 映画 | Comments(0)